診療案内

性格検査とは

「どんな人にも性格があります。性格のない人はいません。また実は良い性格、悪い性格はありません。どんな性格であっても、性格の持ち主である自分自身が自分の性格をいかに使うかが重要なのです。

それにしても、自分がどんな性格なのかを知ることが前提になります。自分のことではあっても、自分の性格を知り抜いている人はいません。したがって、自分の性格をよりよく知るために、性格検査を受けることが役立ちます。」

「自分の性格を知ることがなぜ重要なことなのか、もう一度説明します。自由に生きるためです。自分の性格を知れば、自分の性格に縛られず、自由に生きる道が開けてきます。つまり、
自分自身が自分の性格の家来であることを止めて、自分自身が自分の性格の主人であること。

言い換えれば、自分自身が自分の性格を使いこなすこと。自由とはこのことです。自分の性格の奴隷になってはいけないわけです。

診療案内一覧

アクセス方法

お問い合わせ