アスペルガー障害

アスペルガー障害

この項目では味気ないのですが、DSM‐IVという診断基準を書くことにします。
次のとおりです。

アスペルガー障害の診断基準(DSM‐IV, APA)抜粋

  1. 以下の少なくとも2つで示される、社会的相互作用の質的障害
    1. 視線を合せること、表情、体の姿勢やジェスチャーなどの多くの非言語的行動の使用の著名な障害。
    2. 行動を、社会的相互作用を統制するために使用することの著しい障害発達水準相応の友達関係をつくれない
    3. 喜びや、興味または達成したことを他人と分かち合うことを自発的に求めることがない(たとえば、関心あるものを見せたり、持ってきたり、示したりすることがない)
    4. 社会的または情緒的な相互性の欠如
  2. 以下の少なくとも1つで示されるような、制限された反復的で常同的な、行動、興味および活動のパターン
    1. 1つ以上の常同的で制限された、程度や対象において異常な興味のパターンのとらわれる
    2. 特定の機能的でない日課や儀式への明白に柔軟性のない執着
    3. 常同的で反復的な運動の習癖(たとえば、手や指をひらひらさせたりねじったり、または体全体の複雑な運動)
    4. 物の一部への持続的なとらわれ
  3. この障害は、社会的、職業的あるいは他の重要な機能の領域において、臨床的に明白な障害を引き起こす
  4. 臨床的に明白な言語の全般的な遅れはない(たとえば、単語が2歳までに使用され、コミュニケーションに有用な句が3歳までに使用される
  5. 認知能力発達または年齢相応の生活習慣技能、適応行動(社会的相互作用以外)、および環境への興味の小児期における発達に、臨床的に明自な全般的な遅れはない
  6. 診断基準は他の特走の広汎性発達障害や精神分裂病によって満たされない

年齢相当の社会生活が送れるように援助することが治療の中心課題になります。

診療案内一覧

アクセス方法

お問い合わせ