新着情報

新着情報

臨床心理士の募集を終了しました(平成28年3月5日)

たくさんのご応募をいただきました。
本日をもちまして募集を終了します

臨床心理士の募集をしています(平成28年1月20日)

業務拡張のため臨床心理士を募集しています。
ご希望の方は電話またはメールにてご連絡ください。

臨時休診のお知らせ(平成28年1月20日)

1月30日(土)は臨時休診します。

年末年始休診のお知らせ(平成27年11月29日)

12月26日(土)~1月3日(日)を休診します。

医療事務 常勤社員の募集を終了します(平成27年11月21日)

医療事務 常勤社員の募集は終了しました。

うつ病血液検査を始めます(平成27年11月18日)

うつ病を血液で診断するPEA検査を
始めました。費用は3千円(税別)です。
来年3月末までの特価です。4月以降は
通常価格の1万6千円(税別)になります。
限定100名です。

募集 医療事務スタッフ 常勤社員(平成27年10月18日)

受付、医療事務スタッフを募集しています。お問い合わせは
クリニック電話 075-873-2925まで

肯定文と否定文(平成27年8月17日)

アドラー心理学の野田俊作氏が8月16日ブログで
肯定文の力という題で記述をなされている。
忘れ物をしないで。という代わりに。
持ち物は全部持ったの。
これはとても大事なことである。
ぜひその通りにしたいと思う。
自分に対して、他人に対して
肯定文で話しかけよう。

ところがこと文学の世界では逆転する。
文学は否定文において輝きを放つのである。
与謝野晶子の弟へささげた詩の題は
『君、死に給うことなかれ』
仮に、『君、生き給え』なら
平板な退屈な詩句となってしまう。

肯定文の世界と否定文の世界。
私たちには両方が必要なのである。
現実世界では肯定文を使い
文学という仮想世界では否定文を使う。

臨時休診のお知らせ(平成27年5月9日)

6月4日(木)の夕診と6月5日(金)の夕診は

学会出張のため臨時休診します。午前診は

4日、5日とも平常どおりです。

休診日のお知らせ(平成27年4月1日)

4月から第2土曜日、第4土曜日、第5土曜日を

休診にします。

3 / 512345